接骨院とは「柔道整復師」という国家資格を持ったひとが施術を行うところです。
整体とは実ははっきりとした資格はありません
柔道整復師とは資格を持った、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(筋肉の痛み)など体の痛みに対するプロフェッショナルです。



手技(手を使った)施術に重点にしています。
リラクゼーションが目的ではなくあくまでも早期症状改善を目的とした施術にこだわっていますので慰安的な施術ではありません。
痛みの伴わない優しい治療をしていますので小さいお子さんからご年配の方まで安心して受けていてだけます。



院長 渕本和樹

平成17年 NSCA認定CPT(パーソナルトレーナー)取得
平成23年 柔道整復師免許取得
平成26年7月 ふちもと接骨院 開院

元々は都内スポーツクラブで会員様向けに運動指導をしていましたがその時に運動とともに治療の必要性に気づき柔道整復師の学校に入学し施術者としての道に進みました。 在学中から研修し卒業してからは尊敬する師の元で働き多くの痛みや悩みのある患者様の施術に努め、その後長野県栂池高原スキー場内で多くのスキーヤー、スノーボーダーの怪我の対応を、施術をしてきました。 その経験を生かし地元八代で体に悩みのある多くの方の力になり、症状の改善の手助けでできればと思い開業いたしました。





健康とは、病気でない、弱ってないということではなく肉体的、精神的、そして社会的にもすべてが満たされた状態にあること
ふちもと接骨院が掲げる理念は、肉体的苦痛を取り除き患者様の笑顔を取り戻し生涯を通じて身体的にも精神的にも調和がとれ元気で社会生活を送ってもらうことが目標です。
痛みなくスポーツができる、日常生活が送れる、そんな些細なことが普通に過ごせるように少しでもお手伝いできればと思っています。 ふちもと接骨院では患者様一人一人にあった施術を追及することを目標としております。